年齢を重ねてから虫刺されの痕が中々消えません。

足や腕に多いということがあるので、出来るだけ目立たないような服装を考えていますが、お肌のターンオーバーがうまくいっていないからこそ、痕が残ってしまうのだと思います。

お肌のターンオーバーを促してくれるクリームを使ってケアをしていますが、中々改善をすることがありません。

虫刺されの痕が黒ずみに変わってしまうこともあり、それがシミのように見えてしまうこともあるので悩んでいます。

虫に刺されないように対策を取ることも大切ですが、刺された場合に迅速にケアをすることによって、状態を悪化させることもなくなるようです。

掻いてしまうと状態が悪化をしてしまう、ということもあるので掻くことがないように、虫刺されパッチを使うようにしました。

すると痒みも収まりますし、虫刺されの痕も目立たなくなりました。

すでにできてしまっている痕はターンオーバーを促すクリームで日々ケアをしていますが、あまり効果を実感することができません。

虫刺されそのものがお肌へのダメージになってしまうので、特に夏は虫刺されには注意をするべきなのかな、と思います。

出来てしまったものは改善させるのは難しいんだなと思いました。